歯周病とは

0

    ★歯周病はどんな病気?

     歯周病は、プラーク(歯垢)の中にいる歯周病原細菌を原因とする病気です。歯周病の初期は細菌の毒素により、歯肉が赤く腫れたりします(歯肉炎)。徐々に歯と歯肉の間のすき間が深くなり、歯を支えている骨を溶かしていきます(歯周病)。日常の口腔のケアが不十分であったり、全身疾患や服用薬の影響などにより、重症化しやすくなります。中年以降で歯のなくなる最大の原因は歯周病と言われているほど、実は大きな問題なのです。サイレント・ディジーズ(静かな病気)とも呼ばれ、自覚するのが難しい病気です。

    ★歯周病かどうかチェックポイント

     ・歯磨きをすると歯肉から血が出る。

     ・歯肉の色が悪くなった。

     ・疲れた時などに歯が浮くような感じがする。

     ・グラグラする歯がある。噛みにくくなった。

     ・口臭を人から指摘されたり、自分で気になる事がある。

     ・歯と歯の間の物がつまりやすくなった。

     ・タバコを吸う

    ★歯周病は予防が大事

      歯周病は、進行は止められますが、治すのは簡単ではありません。歯周病は予防が最も大切です。歯周病の予防には、原因となるプラークを管理するプラークコントロールが重要です。食事はしっかりよく噛み、食後丁寧に歯を磨く、規則正しい生活をする、虫歯や歯石を放置しないなど、歯周病にかかりにくい生活を送りましょう。また、年に数回は歯科医院でプロの手で予防処置を受けましょう。








    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM