日本小児歯科学会

0

    9月16日、文京シビックホールで日本小児歯科学会があったので参加しました。

    小児歯科を取り巻く現状では、子供の早期むし歯の増加が国際的な課題になっているとの事です。なんと多くのアジアの国では、5歳児のむし歯罹患率が50%以上‼かつて、日本もむし歯罹患率は高いものでしたが、歯科関係者によるむし歯予防知識の普及、歯科健診の高受診、歯磨剤などフッ化物の普及、1日2回の歯ブラシと医院でのフッ化物塗布する人の増加、砂糖消費量の減少などにより、現在では非常に減少しています。

    他にも興味深い講演がたくさんありました。"子どもの運動器が危ない!"と題した整形外科の先生の映像交えてのお話は、ネット社会や便利になった生活の見直しが大切だと感じました。

    整形外科の先生が子どもの運動器の低下を危惧しているように、歯科でも、口腔機能の発達不全が話題になっています。今年の7月8月に口腔機能不全症についての勉強会に参加しました。

    個々の小児の成長発育を考慮した診断や管理は難しい部分はありますが、とても大切な事です。次世代を担う子ども達への口腔機能の支援を少しでもできるように、日々研鑽してまいります‼




    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM